「Webライタ-もブログは作ったほうが良い?」

「Webライタ-としてブログを始めたけど、何を書けば良いの?」

と悩んでいませんか?

実際のところ、Webライタ-とブログの相性は抜群です。

avatar
ふじはら
でも、どんなブログを書けば良いか分からないことも事実⋯⋯

今回は、Webライタ-がブログ運営を始める7つのメリットや、どのようなブログ・記事を作れば良いのかご説明します。

ブログ運営で悩んでいるWebライタ-の皆さん、いまこそブログを作って周りより一歩リードするチャンスですよ。

1.ブログはWebライターの名刺になる!メリットは7つ

Webライターがメディア運営を始めることには、7つのメリットがあります。

  • テストライティングをパス(免除)できる
  • “自分が書いた記事” として共有しやすい
  • リスクゼロでSEO・ライティングを練習できる
  • サイト訪問者から仕事の依頼が来る
  • Webライターにとって資産性のある名刺になる
  • 自分の人柄を伝えるツールになる
  • ワードプレスの入稿方法を覚えられる

要するに、Webライターがブログ運営を始めることには、たくさんの可能性が秘められているのです。

それぞれ、どういったメリットなのかご説明します。

(1)テストライティングをパス(免除)できる

営業メッセージにブログのリンクを添付することで、テストライティングをパスできた経験があります。

これは、営業メッセージに目を通したクライアントが、そのままブログにアクセスして文章を読んでくれたからです。

「こちら(ブログ)で文章力を確認しました。テストはなしで大丈夫です」と言われて、そのまま本契約に進めた経験は二度や三度ではありません。

avatar
ふじはら
何度も、テストライティングを免除してもらいました

もちろん、テストライティングを必ずパスできるわけではないものの、テスト前提の案件が多いクラウドソーシングを使うWebライターにとって、いきなり本契約に進める点はありがたいはず。

このメリットだけでも、Webライタ-がブログを始める意義はあると考えています。

(2)“自分が書いた記事” として共有しやすい

Webライターとして経験を積み、ある程度の記事本数を寄稿してきたはずなのに、契約の都合上「誰かに公開できる記事がない」といった状態に陥ることは多々あります。

僕自身、無記名で記事を書くケースばかりなので、守秘義務の観点から記事を公開できずモヤモヤする経験がありました。

一方、自分のブログに投稿した記事は、自分が著作権を持っているため自由に公開・共有できます。

テストライティングに限らず、友人・同業者・SNS上へ気軽に公開できるため、Webライター自身の “名刺” として機能するのです。

(3)リスクゼロでSEOライティングを練習できる

Webライターの仕事にも、さまざまな種類があります。

そのため、本来は仕事内容を一括りにすべきではないのですが、大半のWebライターは “SEOライティング” を仕事としています。

Q
SEOライティングとは

つまり、Webライターとしてスキルアップを高めることは、イコールSEOライティングのスキルを高めることなのです。

しかし、ブログ運営をしていないWebライターにとって、SEOライティングのスキルを磨く場所は「実際にクライアントから受注した案件」のみ。

これでは、練習の機会が少なすぎて、スピード感のあるスキルアップを見込めません。

一方、ブログ運営をスタートし、SEOを意識した記事を投稿すれば、実際に記事が上位表示されるか否かを確認できる環境を作れます。いわば、自分専用のSEO実験室。

avatar
ふじはら
運営者になれば、どんな人が、どのくらいの時間、どのブログ記事を見てくれるのか分析できるようになるよ

クライアントから受注した仕事で実験はできないため、リスクゼロで効果測定ができる自分のブログを持つことにはメリットがあるのです。

(4)サイト訪問者から仕事の依頼が来る

Webライターが自分のブログを持ち、SEOライティングを意識して記事をアップし続けると、ぽつぽつとお問い合わせ欄からメッセージが届きます。

「1文字〇〇円で記事制作を依頼したいです」とか、「本を書きたいんです。手伝ってくれませんか」とか。

要するに、ブログに訪問して記事を読んだ人から、仕事の依頼が来るようになるのです。

ブログを始めて、いきなりバシバシと仕事が来るわけではないものの、実際にブログから依頼された案件のみで生計を立てるライターさんもいらっしゃいました。

ブログを「自動で仕事を獲得する営業マン」に育て、これまで営業にかけていた時間を短縮できれば、その時間をライティングに充てたり勉強・休息に充てたりといった体制作りも可能です。

(5)ワードプレスの入稿方法を覚えられる

無料のブログサービスではなく、お金を払って独自ドメインを取得し、ワードプレスを使ってブログ運営を始めたほうが良いと考えています。

Q
独自ドメインとは?
Q
ワードプレス(WordPress)とは?

その理由は2つ。

  • SEOライティングの案件にワードプレスを使う業務がある
  • クライアントが、どのように記事をアップしているのか理解できる

一部のライティング案件には、クライアントから「ワードプレスを使って記事投稿までお願いします」と要求されるものがあります。

クライアントは、できる限りメディア運営に時間を割きたくないと考えており、記事制作からアップまで自動化したいと考えているからです。

ワードプレスを使えるようになれば、こうした要求のあるクライアントの仕事も守備範囲に加わります。

avatar
ふじはら
つまり、できる仕事の幅がグンと広がるんです

また、クライアント自ら記事をアップする場合であっても、ライター側がアップ作業の内容を理解することで「このほうがワードプレスにアップしやすいはず」といった判断が可能となり、より “ワードプレス入稿に最適化” して記事を納品できます。

独断で勝手に納品方法を変えてはなりませんが、「このような形で納品すれば、アップ作業の負担が軽減しませんか?」とポジティブな提案できるため、上手く知識を生かせばクライアントの評価に繋がるのです。

(6)広告リンクを設置すれば収入源になる

運営しているブログに広告リンク(アフィリエイトリンク等)を設置することで、その広告から商品・サービスが成約するたびに広告収入を得られます。

ただし、今回ご紹介するメリットのなかでは最も実現のハードルが高いため、これを第一の目的とすれば早々に挫折しかねません。

個人的には、広告収入を第二、第三の目的としてブログ運営を始めるほうが、気楽に長く運営できて結果的に多くのメリットを得られるのではないかと考えています。

(7)自分の人柄を伝えるツールになる

意図して自分の色を消さない限り、多数の記事が投稿されたブログからは “運営者の人柄” がにじみ出るものです。

それが良いか悪いか評価はさまざまですが、良いほうに働くことは多く、実際に「ブログから人柄の良さを感じました」と言われた経験もあります。

また、ブログ記事から僕に興味を抱いてくれた元記者の方に、取材を依頼されたこともありました。

こうして、ブログは自分の人柄を伝えるツールとしても活躍するのです。

2.ブログの書き方は4種類。目的別ブログのタイプ

ここまでメリットをたくさん書いてきました。しかし、1つのブログで、すべてのメリットを享受できるとは限りません。

実は、Webライターが運営するブログにも、タイプは複数あるのです。

ざっくり分けて、ブログのタイプは4つです。

  • 営業型ブログ:お客さんを呼び込む目的で運営
  • 特化型ブログ:メディアが儲かる仕組みを知る目的で運営
  • 共感型ブログ:SNSに共有して誰かの心を癒やす目的で運営
  • オピニオン型ブログ:世に対する価値観の提示を目的として運営

それぞれ、どのようなブログなのか、どういった記事を書いていくのかご説明します。

(1)SEO流入でお客さんを見つける営業型ブログ

営業型ブログは、特につぎのメリットを最大化したいとき有力となるブログタイプです。

  • サイト訪問者から仕事の依頼が来る
  • “自分が書いた記事” として共有しやすい

たとえば、美容関連のライティングをメインとしているなら、ブログ内で美容系ライターを名乗りつつ旬なコスメ・ヘア用品の記事を書く。

主婦をターゲットにした記事制作をメインとしているなら、主婦ライターを名乗りつつ家事の時短ワザ・節約の記事を書くといった感じ。

広告収入を狙いすぎて “本心で記事を書いていない状態” に陥らないことが、営業型ブログを運営する際のポイントです。

一般的に、ブログ運営は広告収入を目的として広告リンク(アフィリエイトリンク)を設置することが多いものの、広告リンクをクリックしてほしいために思ってもない売り文句を書くケースがあります。

avatar
ふじはら
「どの記事でも、いつも同じ財布を紹介しているなぁ」みたいなサイトは広告収入狙いかも⋯⋯

しかし、営業型ブログであるなら、お客さんとなる可能性がある読者に「このライターの勧める商品は偏っていないか?」と感じさせるのは悪手。

個人的には、アマゾンの商品リンクや、本当に良いと思う商品・サービスの広告リンクのみ貼ることをおすすめします。

どんな記事を書けば良いの?
1.自分がライターとしての認知度を高めたいジャンルで
2.特定の企業や個人を攻撃しないことを前提に
3.知識共有・商品紹介系の記事を書く

(2)メディア運営における収益構造を知るための特化型ブログ

特化型ブログは、特につぎのメリットを最大化したいとき有力となるブログタイプです。

  • 広告リンクを設置すれば収入源になる
  • リスクゼロでSEOライティングを練習できる

特化型ブログは、特定ジャンルの商品・サービスの販売を目的として運営するブログの総称。

広告リンクから誰かが商品・サービスを購入したとき、ブログ運営者の手元に報酬が入る仕組みとなっており、特化型ブログともアフィリエイトサイトとも呼ばれます。

認知度の低い商品・サービスほど、広告リンクから商品が売れたときの報酬額は高い傾向にあり、なかには「報酬額を増やしたい」と考えて特定の商品ばかりに誘導するケースもあります。

そのため、運用方針次第で、読者から信頼を得づらい一面があることは事実。

avatar
ふじはら
特定の高額商品を勧めまくっていて「このサイト胡散臭いな」と思った経験ありませんか?

Webライターが、自分の名刺を兼ねて運用するには不向きなタイプだと考えているので、純粋に収益構造を知りたい(+ブログで稼ぎたい)と考えている場合の候補となります。

僕の知っている特化型ブログやアフィリエイトサイトのうち、月間数百万円以上のレベルで収益をあげている、かつクリーンなメディアをピックアップしました。

どんな記事を書けば良いの?
転職特化ブログ(転職アンテナ | 転職で“年収”と“キャリア”を考える
ガジェット特化ブログ(マクリン | ガジェット8割・家電2割のレビューブログ
クレジットカード特化サイト(1番得するクレジットカード徹底比較
avatar
ふじはら
こんな風にクリーンに運営できるなら、Webライタ-を名乗ってても無問題だと思います!

(3)SNSに記事をシェアして体験を分かち合う共感型ブログ

Webライタ-自身が経験したことを “共感を呼びやすい形” にデザインして、TwitterやFacebook等でシェアするためのブログが共感型ブログです。

ここでは「仕事から切り離して発信したい」と考えて、自分の人柄や経験を共有する目的で記事制作を行うものを指します。

  • 自分の人柄を伝えるツールになる
  • “自分が書いた記事” として共有しやすい

主なメリットはこの2つ。自分の色を乗せてライティングすれば、ときにSEOの観点で望ましい形から大きく外れることもあります。

そんなとき、あらかじめ「これはSNS仲間に共有して楽しむためのブログ」と決めていれば、変なプレッシャーを抱えずにブログ運営ができるのです。

実際、共感型ブログを運営するライターさんは多いと感じており、SNS上でシェアされる記事を見るたびに優しい・楽しい空気が流れます。

個人的には「同業者同士の絆を深める効果があるのかな」と思っているので、決して実用性ゼロというわけではないはず。

どんな記事を書けば良いの?
あるある系(ライターあるある、主婦あるある、子育てあるある)
学び共有系(こんな発見をした、実はこうすれば成功するのでは?)
経験共有系(こんなケースがあるよ、みんなマネして・マネしないでね)

(4)僕は過去に失敗した…オピニオン型ブログ

Webライタ-初心者のころ、僕はオピニオン記事ばかりを投稿するブログを運営していました。

「この風潮は間違っている」とか「既存の価値観を再構築したい」とか、そういった文脈の強いブログがオピニオン型ブログです。

実は、運用していたオピニオン型ブログは読者が全くいないわけではなく、運営中は月間5,000PVほどのアクセスがありました。

しかし、仕事に繋がる問い合わせは一切なく、SEOライティングよりも個人のソウルを大事にしていたので、SEOに関する知識もそれほど得られなかったのです。

「絶対にダメだ」とは思わないものの、オピニオン記事に特化したブログの運営は、Webライタ-の仕事に大きくプラスの影響を及ぼさない。これが、僕のなかで生まれた結論なので、一例として参考にしていただければと思います。

3.Webライターがブログを始めるデメリットはある?

Webライターがブログを始めるデメリット……というほどではないものの、いくつかの点でデメリットにも捉えられる点はあります。

どういったネガティブ要素があるのか、具体的にご説明します。

(1)ライティングとブログ更新のバランスキープが難しい

特に営業型ブログや特化型ブログは、期待している成果が出る水準に達成するまで、数十記事レベルで記事を投稿しなければなりません。

つまり、ライティングの仕事の合間を縫って、少しずつ完成させる必要があるのです。

しかし、ライティングに時間を割くほどにブログの成長は遅れ、ブログ更新に多くの時間を割けばライティングの収入は減ります。そして、相当な器用さがなければ、両者のバランス調整はかなり難しい。

すでにブログ運営を始めてはいるものの、バランスキープの難しさゆえにブログ運営を辞めるケースは数人見てきました。

(2)ブログの維持コストが数千円~1.5万円/年になるケースも

記事前半で、Webライターがブログ運営を始めるなら「ワードプレスがおすすめ」だと解説しました。

しかし、ワードプレスを使ってブログ運営を始めるためには、独自ドメインとレンタルサーバーの契約が必要です。

これにかかる費用が、1年あたり数千円~1.5万円ほど。僕は、経費の対象になるため勉強代と割り切って契約しています。

(3)攻撃的な記事・低品質な記事・下品な記事はマイナス効果

ライター名を名乗ってブログ運営を行う場合、書くべきではない記事があります。

  • 攻撃的な記事:特定の組織・誰かを強く批判する記事
  • 低品質な記事:内容のない、閲覧時間を無駄に感じる記事
  • 下品な記事:過剰な下ネタ、生理的嫌悪感を催す内容の記事

上記の記事は、未来のクライアントになる可能性があるサイト訪問者に、強烈なネガティブイメージを与える恐れがあります。

特に、ブログそのものを営業ツールとして利用する営業型ブログは、これらの記事を扱うべきではないでしょう。

あくまで、個人的な価値観をもとにした意見である点をご了承ください。

4.ブログテーマに迷うならWebライティングの実体験を記事にしてみよう

読者が集まるブログを作るなら「人の役に立つ」ことは前提条件です。

しかし、先ほど述べたように、Webライターの仕事のブログを両立することはハード。

ですから、とくに初めは気楽に書ける(+人の役に立つ)テーマが理想的です。

これを踏まえると、Webライター は ”Webライティングの実体験をつづるブログ” を始めることが最適解だと思うのです。

  • この本はライティングの勉強になった
  • こんな仕事は単価が高い傾向にある
  • 私オススメの仕事の取り方はコレ

日々、Webライターとして仕事をするなかで経験したこと、得た知識を読者に共有することで、自然と人の役に立つブログに仕上がっていくはずです。

何を隠そう、当ブログ『藤原将軍』も上記のような理由でスタートしました。

最初こそ読者がほとんどおらず、1日に2, 3人訪問してくれれば御の字であったものの、ブログを続けて半年程度になるとSNSで記事をシェアしてくれたり、メールで「いつも読んでます」とメッセージをくれる人がいたり、徐々に手応えが得られるようになってきました。

調査・記事制作に時間がかかるブログテーマを選べば、労力の大きさゆえ早々に挫折する可能性もあるため、テーマに迷うなら気楽にブログ記事を書ける ”Webライティングの体験談” をベースにすることを推奨します。

5.まとめ

Webライタ-とブログ運営は、とてつもない相乗効果があります。

実際のところ、今回ご紹介したメリットは代表的なものだけ。小さなメリットもあわせれば、その数・効果は計り知れません。

なかでも、個人的おすすめは営業型ブログです。ただ、いきなり営業型ブログを作ることにハードルを感じるなら、共感型ブログを運営しつつ営業要素も入れていけば良いように思います。

始めるのは数千円、可能性は無限大。Webライタ-だからこそ、一緒にブログを始めましょう。