一文が長くなるほど、Webサイトに訪れた読者にかかる負担は大きくなります。


今回は、Webライティングにおける一文の長さは40〜60字程度が適切であること、および一文をより長くするときに可読性を損ねない方法についてご説明します。

この記事に書いているテクニックを読めば、もう「きみの文章は読みづらい。何を言いたいのか分からない」と言われることはありません。

1.Webライティングにおける「適切な一文の長さ」はどのくらい?

Webライティングにおける適切な一文の長さは、よく「40〜60字程度として考えると良い」なんて言われます。60字を大きく超えた文字数になると読みづらいからです。

ただし、短くするほど良いわけでもなく、20字程度の文章が連続すると、それはそれで読みづらくなってしまいます。

一文を適切な長さにした場合

私の得意分野は、デジタルマーケティングです。特に、SEO(検索エンジン最適化)対策に関する知識に精通しており、SEO検定1級を取得しています。

これまで多数の企業さまと取引し、集客力を高めて商品成約に導いた経験を生かして、ビジネスを加速させるお手伝いをいたします。

上記の文章をより長くした場合、より短くした場合を例示していきます。

一文を長くした場合(一文106字)

私の得意分野はデジタルマーケティングのうち、特にSEO(検索エンジン最適化)対策と呼ばれる領域で、SEO検定1級を取得して多数の企業さまと取引してきたため、集客力を高めて商品成約に導いた経験を生かしたサポートができます。

一文を短くした場合(一文17~32字)

私の得意分野は、デジタルマーケティングです。特に、SEO(検索エンジン最適化)対策に関する知識に精通しています。

私は、SEO検定1級を取得しています。これまで多数の企業さまと取引しました。

集客力を高めて商品成約に導いた経験を生かせます。ビジネスを加速させるお手伝いをいたします。

一文を長くした文章は「読み下しにエネルギーを要する」と感じ、一文を短くした文章からは「稚拙な印象」を受けたかと思います。

ですから、Webライティングでは、両者の中間(40〜60字程度)を狙って文章を書き進めるよう意識しましょう。

ただし、40〜60字程度が望ましいと言いつつ、実際のライティングでは文章が長くなってしまうケースも多々あります。

上手く話を区切る部分が見つからず、どうしようもなく文章が長くなってしまう場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

2.一文に込めるメッセージは少ないほうが “伝わる”

一文が60字を超えてしまう場合、改めて「その一文に込めたメッセージ」を確認してみてください。

一文に複数のメッセージが詰め込まれているなら、その文章は多くの人に読みづらい印象を与えてしまいます。一方、一文に込められたメッセージが1つなら、多少長い文章であっても負担なく読み下せます。

長い一文の一例(一文80字程度)

たとえば、漢字やひらがな、カタカナを使い分けるだけで読み手の心の動きが180度変わってしまう、計り知れない奥深さを秘めた “文章” というツールを操るライターの仕事を僕は好んでいます。

いかがでしょうか。適切だと言われる60字を大きく超え、Webメディアの文章としては結構長くなったものの、それほど読みづらくはないはず。

なぜなら、「僕は文章でいろいろ表現できるライターが好き」という、たった1つのメッセージに絞ってつづられているからです。

(1)原則、読者は「書き手の思考」に追い付けない

メッセージが複数詰め込まれたとき、どうして読みづらい文章になるのでしょう?

理由はシンプル。伝えたいことを書いている書き手と、相手のメッセージを読み取ろうとする読み手のあいだには、思考の前提に大きな差があるからです。

自分の生い立ちを、親から改めて語られる場面をイメージしてみてください。そのエピソードの理解に必要な知識は自らの頭に入っていますから、親が語る自分の生い立ちは「うんうん。そうだったよね」と難なく思い浮かべられます。

しかし、今日たまたま電車で隣に座ったおじいさんが、あなたに “おじいさん自身の生い立ち” を聞かせ始める場面をイメージしてみてください。大正後期とか、昭和初期から始まるエピソードは、私たちの知らない要素が多く登場します。

ゆっくり、1つずつ情報を区切って説明してもらわなければ、一回の話ですべてを理解できませんよね?

Webライティングでも、これと同じように「読み手が、書き手の思考に追い付けない」といった現象が起こります。

ですから、これから自分が文章にする情報は、すべての読者に一瞬で理解されるものではないと認識し、丁寧に段階を踏んで解説していく必要があるのです。

(2)一文が長くなるときは主語と述語を近づける

メッセージを絞ることのほか、基本的には主語(〇〇は)と述語(〇〇しました)を近づけることを推奨します。

なぜなら、主語と述語が離れるほど「この一文は何についての話だったろう」と、読者が文章のなかで迷子になりやすいからです。

主語と述語が近い例

たとえば、漢字やひらがな、カタカナを使い分けるだけで読み手の心の動きが180度変わってしまう、計り知れない奥深さを秘めた “文章” というツールを操るライターの仕事を僕は好んでいます。

上記の文章から、主語と述語だけを抽出して端的に表現すれば「僕はライターの仕事を好んでいる」となります。

この「僕は」と「ライターの仕事を好んでいる」の距離が開くほど、一度読んだだけで理解することが難しくなるのです。

主語と述語が遠い例

僕は、漢字やひらがな、カタカナを使い分けるだけで読み手の心の動きが180度変わってしまう、計り知れない奥深さを秘めた “文章” というツールを操るライターの仕事を好んでいます。

もともとの文章に比べて、ずいぶんと文章の構造を把握しづらく感じませんか?

もしも、ピンとこないのであれば、以下のブログ記事にて「読みやすい文章の書き方」をみっちり解説しています。

Webライティングに課題を感じている方は、ぜひご参照ください。

3.まとめ

Webライティングでは、一文の文字制限を “40~60字程度” に設定することをおすすめします。

なぜなら、文字数を40~60字程度に制限して書かれた一文の連続は、多くの人にとって理解しやすい文章量であり、これを超えると完読に大きなエネルギーを要するからです。

仮に60字を超えて80字、90字、100字と長くなっていくなら、一文に込めるメッセージは1つにしてください。本記事の内容をコピーしてインプットするだけで、あなたのWebライティングスキルはグっと高まります。