「どうやって文章力を伸ばせば良いんだろう」と悩んでいませんか?

実は、Webライターとして文章力を伸ばす方法はシンプルです。

このページでご説明する内容をマネすれば、Webライターとして月50~100万円ほどの収入を得ている僕と、同程度の文章力が身に付きます。

過去に、元記者の方から「文章うまいですねぇ」と取材を受けた経験もあるため、ぜひWebライティングの参考にしてください。

営業テクニックのまとめはこちら▼

この記事の目次(クリックで飛びます)

1.文章力の高いWebライターになるテクニック

「これからWebライターを始めたい」と考えている未経験者や初心者は、まず ”Webライターに必要な文章力” を学ぶことから始めましょう。

Webライターに求められるのは、小説家のような気の利いた表現ではなく、つぎのポイントを満たした文章です。

  • 伝えたい内容を、誤解を招かないように伝えている
  • 難しい解説がなく、スラスラと読みやすい

こういった文章を書くスキルを身に付けるため、3つの参考記事をご用意しました。

2.独自性のあるWebライティングを身に付けるテクニック

Webライターに求められる文章を書けるようになったあとは、少しずつ ”独自性(オリジナリティ)のある文章” を書けるように訓練していきましょう。

記事に、最新・正しい情報を盛り込んだうえで、つぎのポイントを加えていくのです。

  • 自身の実体験
  • 根拠のある独自の見解
  • 読者の想像を助けるたとえ話

先ほどの基礎訓練よりレベルは高くなるものの、独自性を交えたライティングができるWebライターは、取って代わる存在のいない人材として重宝されます。

3.執筆速度の早いWebライターになるテクニック

適当に仕事をこなして、記事執筆をスピーディに完了させるWebライターを良いとは思いません。

しかし、「とにかく時間をかければ良い」と言うわけにいかないことも事実。

ライティングのクオリティを落とすことなく仕事効率を高め、1日あたりの作業量(それにともなう報酬)を増やす努力も、Webライターに必要なことの1つです。

「まだ、仕事道具を何も用意していません」という方は、ノートパソコンの記事からご覧ください。

avatar
ふじはら
「すでに仕事用PC持ってるよ」って場合は、2記事目からどうぞ!