Webライターとして収入を伸ばしたいにもかかわらず、スキルばかりを意識して「営業」に重きを置いていないケースが多々あります。

しかし、どれほどスキルが高かったとしても、営業力がなければ宝の持ち腐れ。営業力を鍛えない限り、稼げるようにはなりません。

また、営業力が不足していると、安定的に収入を得ることも困難です。

そこで今回は、Webライターとして生計を立てている僕が、どのように営業を行っているのかご説明します。

僕自身、これらの方法をもちいて月収100万円を達成し、法人を設立するまでに至ったので、完コピして実践すれば同等の成果を得られるはずです。

1.新規案件の獲得テクニック

Webライターとして収入を得るにあたり、まずは新規案件を獲得する必要があります。

「Webライターは稼げない」と嘆いているケースの多くは、この段階で躓いている場合が大半。

新規案件を獲得するまでの方法を身につけて、月収100万円を稼ぐためのスタートラインに立ちましょう。

2.長期リピートで顧客を増やすテクニック

新規案件を獲得できるようになれば、ひとまずWebライターとして安定した収入を得られる状況を作れます。

しかし、新規案件の獲得ばかりに時間・労力を使っていては、いつまでも営業に追われて記事制作にエネルギーを割けません。

そのため、徐々にクライアントを熱烈なリピーターにして、多方から「つぎもお願いします」と頼られるようなポジションを目指していきましょう。

3.労働単価を高めて収入を伸ばすテクニック

リピーターを獲得し、クライアントと強い繋がりを作れるほどのレベルに到達したなら、いよいよ意識的に労働単価を高めるステップに進みます。

基本的に、労働単価を高めるための方法はシンプル。

  • お金のある業界の案件に携わる
  • 決裁権者から信頼を獲得できるよう振舞う

以下の記事では、僕が収入アップのために意識した具体的な考え方、実際にどのような仕事で収入を得ているのか紹介しています。