「Webライターに発注する」という業務は、メディア運営の成否を左右する重大なポイントであることをご存知でしょうか?

それだけに、発注者にとっても、Webライターにとっても “受発注” は強く意識すべき過程の1つなのです。

ここでは、主に発注者(発注を任されたディレクターも含む)にフォーカスしつつ、Webライターに仕事を発注するときに気を付けるポイントをご説明します。

サクッと読んで「君のおかげで、メディア運営が成功したよ」と言われる人材になりましょう。

発注経験者から、Webライターに発注する際のポイントを学ぶ

Webライターに記事制作を依頼するとき、押さえるべきポイントは4つあります。

Webライターへの発注時、押さえるべきポイント

・費用感・納期・当該ジャンルの制作経験
・メディア運営で実現したいことを共有する
・競合(ライバル)となるメディアを共有する
・集客したい層(ターゲット)を共有にする

この4つを押さえられていないと、あらゆるトラブルが発生します。

  • 望んでいたテイストと違う記事が納品された
  • やたらと小難しい or 稚拙な記事が納品された
  • toB商材の紹介記事なのに、個人を対象とした記事になっている

これらのトラブルは、発注側にもWebライター側にも “意思共有の意識が低かった” という点で責任があります。

だからこそ、発注者にもWebライターにも、下記記事を読んでいただきたいと強く思います。

Webライティングにおけるレギュレーションの重要性を確認する

Webライターに仕事を発注する際、品質を一定に保つためにはレギュレーションの存在が欠かせません。

レギュレーションは、大きく3つの役割を担っています。

レギュレーションの役割

・主張に整合性を持たせる
・記事のテイストを統一する
・修正業務を最小化する

「そもそも、レギュレーションはどういった項目を設定すれば良いの?」とお困りの発注者さんは、以下のシート・記事をご参照ください。

また、Webライターは上記記事に目を通すことで、レギュレーションを用意していない発注者に「僕がレギュレーションを用意しましょうか?」と提案できます。ぜひ、ご活用ください。