仕事の何もかもが嫌になり、Webライターとして独立した藤原です。

ストレス社会ど真ん中である日本にいれば、ときたま「働きたくない」って気持ちが込み上げてきますよね?

この働きたくない気持ちは、職場を見直すことで解消可能です。

いまは仕事を楽しんでいる僕が、あなたの「働きたくない」を解消する方法をご説明します。

この記事の目次(クリックで飛びます)

1.働きたくないのは周囲の環境が悪いから

あなた自身に問題があるから「働きたくない」と思い悩むわけではありません。悪いのは環境。

つまり、あなたを取り巻く要素が、労働に対するネガティブな気持ちを生み出しています。

では、あなたを取り巻く要素とは、いったい何でしょうか? ざっくり2つに分けて考えていきます。

日常を作る要素要素を細かく分析すると⋯
仕事お金、人間関係、やりがい、責任
プライベート家族、恋人、友人、趣味

働く人の日常は、これら2つから成り立っています。このうち、働きたくない原因になっている要素を洗い出していきましょう。

まず、プライベートが上手くいかないからと言って、働きたくない理由になるケースは稀です。

となると、ほとんどの場合は「仕事」を構成するいずれかの要素が、労働に対してネガティブな気持ちを植え付けています。

端的に言えば、自分と会社がマッチしていないから、働きたくないという思いが込み上げてくるわけです。

2.会社の何が「働きたくない」と思わせるのか分析する

「自分と会社のアンマッチが原因だから、いますぐ転職しよう」と考えるのは短絡的です。

僕自身、勤め先を転々としましたが、勢いで環境を変えているうちに労働に対するイメージが改善されることはありませんでした。

"いま持ってるスキル"とか"いままで経験したこと"を基準に転職先を決めても、結局似たような環境に飛び込んでしまうのです。

そのため、どうして会社と相性が悪いのか、という部分を分析しなければ前に進めません。

4つの要因具体的な問題の一例
お金給料が少ない
人間関係理不尽に怒られる
やりがい仕事内容がつまらない
責任プレッシャーが大きすぎる

仕事に対するネガティブな気持ちは、これらの自力ではコントロールできない4つの要因によりもたらされます。

どの要因のどんな問題を理由にして、あなたが仕事を嫌いになったのか見つめ直してください。

これを深く掘り下げることで、会社に抱いている嫌悪感の正体を突き止められます。

(1)僕が「働きたくない」と思っていた理由【参考例】

僕は、美容専門学校を卒業し、美容師として働いていました。働きたくない、こんな職場辞めたいと思っていた当時、抱えていた問題は以下のようなものです。

要因は3つ美容師時代の問題
お金給料が10万円ちょっと
人間関係先輩に悪口を言われる
責任電話対応が苦手。無理

技術を磨くことは好きだったので、仕事内容は嫌いじゃなかったものの、薄給であることや毎日の電話対応に苦痛を感じていました。

一度、ほかの美容室に転職しましたが、似たような環境だったのでネガティブな気持ちは改善されず。

そもそも、業界全体が薄給の傾向にあり、どこの職場でも電話対応が必須なことから、美容師として仕事を続けることは難しいのだと分析しました。

この分析の末、現在のようなフリーランスで働くスタイルに落ち着いています。

3.自分と会社を分析したあとに転職先を考える

仕事に対するネガティブな気持ちの正体が分かれば、どのような仕事に変更すべきなのかイメージできます。

給料が少ないなら、より平均収入の高い業界へ。仕事内容がつまらないなら、より自分の好みを重視した仕事へ。

"自分ができる仕事"を基準に就職先を選ぶのではなく、「働きたくない」と思わせる要因を避けて仕事を選ぶことで、ネガティブな感情は絶対に消え去ります。

僕の場合、Web系のスキルを身に付けて独立し、電話対応がほとんどない環境下にいます。

結果的に、働きたくないという気持ちは無くなり、むしろ仕事にやりがいを感じてバリバリ働いているほど。収入も増えています。

これが強烈な原体験となり「働きたくない=働くことに不向き」ではないのだと考えるようになりました。

4.まとめ

「働きたくない」という思いは、あなた自身に問題があって起こるものではなく、ほとんどの場合は職場環境に原因があります。

そして、一生のうち多くの時間を「仕事をして過ごす」のだと考えれば、アンマッチな職場に居続けることは大損失です。

辞めることを大前提として、至急"つぎに行く職場"の洗い出しを始めましょう。まずは、会社の嫌いな部分と自己分析から進めてください。