藤原 将

    筆者はSEO記事、電子書籍、メルマガ等の執筆を得意とする歴7年目の社長ライターです。
    ――Twitter著書電子出版社

    「ツイッターのアカウント、とりあえず作っているけど発信はほとんどしていない」

    こんな状態に陥っていませんか?

    僕も、フリーランスになってからツイッターを始めたものの、何を呟けば良いのか分からないまま放置していました。

    しかし、ひょんなことから活用し始めて「これはすごい」とビックリ。

    avatar
    ふじはら
    仕事をもらえるし、フリーランス仲間もできるんです

    今回は、フリーランスがツイッターを始めるメリットと、発信を多くの人に見てもらうツイート方法(予算ゼロ)をご説明します。

    1.フリーランスがツイッターを始めて感じたメリット6つ

    「うちの会社、ホームページ作ってなくて……」と聞けば、みんな「ホームページは作ったほうが良いのでは?」と口を揃えて言いますよね。

    フリーランスにとって、ツイッターは “企業のホームページ” に相当するもの。つまり、必須のツールなんです。

    具体的にどんなメリットがあるのかご説明しますね。

    (1)発注者側へ事前に人柄が伝わる

    ツイッターを始めてから、仕事を受けるときに「ツイッターを拝見して、誠実そうな方だと思い依頼しました」と言われるようになりました。

    特に、Web系のフリーランス職は取引がネット上だけで完結するため、相手の人柄が把握しづらいもの。

    発注者側は、顔・人柄が分かることに大きな安心感を覚えるようです。

    「ツイッターを見て、個人的にお話を聞きたいと思いました」と仰ってくださるライターさんもいて、実際に取材していただいた経験もあります。

    (2)フリーランスの仲間作りができる

    ビジネス色の強いSNSは、ツイッターのほかにFacebookが挙げられます。

    しかし、Facebookは「すでに繋がりのできた人同士を結ぶ」といった使われ方をすることが多く、新たな仲間作りには不向きです。

    一方、ツイッターは発信に対する反応が集まりやすく、誰かの投稿にリプライ(返信)をすれば、すぐに交流が生まれます。

    ゆえに、同業者同士で情報交換をしつつ、フリーランス仲間を作っていく用途に適しているのです。

    avatar
    ふじはら
    フリーランス仲間は、大体ツイッターで知り合いました

    他愛のない話をしたり、ときには有益な情報が飛び交ったり。非常に楽しくやり取りをしています。

    (3)案件を受発注するためのツールになる

    フリーランスを名乗って発信をしていると、たまにツイッターでフリーランスを探している発注者から声をかけてもらえます。

    「こんなお仕事やってもらえませんか?」と、ツイッターを介してダイレクトメッセージ(DM)で直接仕事を依頼されるのです。

    このほか、ツイッター上で「この案件に対応してくれるフリーランスはいませんか?」と募集がかけられているケースもあり、案件を受注する場所として活用できます。

    また、自身がほかのフリーランスに仕事を発注したいとき、ツイッターを使って外注先を見つける目的で活用することも可能です。

    (4)本業で得た知識を定着させられる

    単純に仕事を得たり人脈を広げたりするだけが、ツイッターのメリットではありません。

    フリーランスは多種多様な仕事に対応する特性上、日々インプットを行います。しかし、インプットした知識は、アウトプットを経て初めてちゃんと定着するもの。

    インプットしただけでは、1週間もすれば記憶にほとんど残っていません。そこで、知識定着のためのアウトプット先として、ぜひツイッターを活用してほしいのです。

    avatar
    ふじはら
    話し相手のいない在宅フリーランスは、ツイッター式アウトプットがおすすめ

    覚えたことや気付いたことをツイッターにアップすれば、あとから “自分専用の教科書” みたいなイメージで学びを振り返れます。

    また、誰かに学びを提供することにも繋がり、ここまでご説明した仕事の依頼・仲間作りにもポジティブな影響をもたらします。

    (5)ブログ記事・サービスの流入経路として活用できる

    普段から多くの人とツイッターで交流しているなら、ツイッター上に “見てほしいブログ記事やサービス” を共有するだけで、紹介したリンク先をみんなが見てくれます。

    本来、ブログは1人でコツコツ書いていても、なかなかページビュー(PV)が伸びないもの。

    「良いこと書いたつもりなんだけどな」と思うものの、一向にブログに読者の流入がなく落ち込むことは多々あります。

    一方、ツイッターを利用して「こんな記事を書きました」と共有すれば、一気に数人のツイッターユーザーがブログ記事を見てくれます。

    avatar
    ふじはら
    みんな、いつも見てくれてありがとう!

    そして、これはフリーランスが発注者に提供できる付加価値にもなるのです。

    「この記事・サービス、僕も拡散を手伝いますよ」がフリーランスの価値を高める

    ツイッターでフォロワー数が数百人まで増えれば、ある程度の拡散力がある状況だといえます。

    そのため、拡散力を生かして以下の提案ができるのです。

    • サイトにアップする記事の拡散、ツイッターで協力しますよ
    • リリースするサービスの拡散、ツイッターで協力しますよ

    メディア・サービスの運営側にとって、「一緒に拡散してくれる人がいる」という状況は非常に心強くあります。

    そして、クライアントは、このように真剣に自社事業の拡大を考えてくれるフリーランスに「何かあれば、つぎもあの人にお願いしたい」と思うものです。

    こうして、ツイッターの拡散力を駆使することで、クライアントの満足度を高められるメリットもあります。

    (6)”短い文章で伝える力” が身につく

    ツイッターは、1投稿あたりの文字数が決まっているため、短いセンテンス(文章)で発信内容を練る必要があります。

    そのため、ツイッターで発信を続けるほど、伝えたいことをギュッと凝縮する能力が身につきます。

    avatar
    ふじはら
    具体的に、どうやったら短い文章で “伝わるツイート” ができるのか解説するよ

    2.フリーライター直伝!メッセージを短くツイートするコツ

    僕はフリーランスのライターとして働いており、普段からずっと文章を扱っているため、「文字数の制限内でメッセージを収める」なんて簡単だと思っていました。

    しかし、やってみると意外にも難しい。

    起承転結の「承」までしか書けなかったり、思いのすべてを投稿に載せられないため誤解を招いたり、メッセージを短くツイートすることの大変さを思い知りました。

    そして、最近やっと、メッセージを端的に発信するための基礎を作れました。

    ツイート要素役割
    1. 主張・状況解説見る人に「どうして?」と思わせる部分。
    2. 理由・事例提示「どうして?」に対して、納得感のある説明をする部分。
    3. 主張・アクション「どうして?」を解消したあと、何をすべきか伝える部分。

    伝えたいメッセージを、3つに切り分けてツイートに盛り込むことで、短いセンテンスで情報を発信できます。

    具体的に、1〜3の要素をツイッターの発信にどう盛り込めば良いのか、一例をご紹介します。

    主張・状況解説

    記事を書くとき、あれもこれも詰め込んじゃいけない。

    理由・事例提示

    出来上がるのは “網羅性の高い記事“ じゃなくて、ただの闇鍋だから。

    主張・アクション

    網羅性の高さは「1つのメッセージを多角的に伝える」ことで実現するよ。

    主張・状況解説

    ~辛辣なコメントを入れる編集者。たまに見かけるけど、ライターとコミュニケーション取れてるのかな…

    理由・事例提示

    業界の基準は知らんけど、丁寧に接してくれる編集者も多い

    主張・アクション

    あえて抽象的+激辛コメントを炸裂させる人と仕事はしたくないよね

    主張・状況解説

    フリーランスの現実教えるよ

    理由・事例提示

    👤40記事発注するわ(以降すべて)

    なお、これらはあくまで “メッセージを短く伝える” という趣旨のもと、発信を行う場合の型です。

    • 気ままにツイッターで発信したい
    • その瞬間の閃きを大事にしたい
    • 独り言を呟きたいので……

    上記のような目的をもってツイートしたい場合には適していないので、より多くの人へメッセージを届けたい場合の参考例として取り入れてみてください。

    3.ツイッターで仕事を獲得したいなら “何者なのか” を明記しよう

    そうそう、忘れていたんですけど、ツイッターで仕事を獲得したいならプロフィールは丁寧に作成することをおすすめします。

    何者か分からないプロフィール、自己開示を全くしていないプロフィールは、発注側にとって不安要素しかありません。

    • 何を仕事としているフリーランスなのか
    • どういった経歴があるのか
    • フリーランスとして開業したきっかけ
    • どんなスキルを提供できるフリーランスなのか

    これらを、意識的にプロフィールへ盛り込むことで、「このフリーランスにだったら依頼しても大丈夫そうだ」と判断されやすくなります。

    ※年収・収入のアピールを嫌う人もいるので、お金周りの情報開示は要検討。

    avatar
    ふじはら
    「まだブログやってないの?編」はこちら⤵︎

    4.まとめ

    企業がホームページを持っていないと聞いたら「え、作ったほうが良いんじゃないですか?」と思いますよね。

    それと同じくらい、「フリーランスなのにツイッター使っていないんですか?」と思われる時代になりつつあります。

    ライターもエンジニアも、それ以外のフリーランスもです。

    ですから、「ツイッターなんて使わなくても、集客も人脈作りも間に合っていますよ」って状況じゃなければ、今日から積極的に活用することをおすすめします。

    藤原 将
    藤原 将 ライター / 著者

    2018年にWebライターとして独立し、初年度に月収100万円へ到達。その知見を書籍化した『文章だけで月100万円稼ぐ方法』はDL数10,000冊を突破。以降、2, 3冊目を出版。2021年には「ランサーオブザイヤー2021」を受賞。